2017年8月4日金曜日

どんな芸術家も最初は素人だった


どんな芸術家でも最初は素人だった 


 エマソン 
自分を信じぬく100の言葉



私は、自分の職業で上を目指しているとき、
この言葉に出会って、
肩の力が抜けた気がしました。


思うようにいかず苦しむとき、
誰でも最初は素人なんだから
苦しむのは当然だ!
と自分を慰める。


慰めた上で、
またコツコツと努力を積み重ねる。


少年野球の素人であったイチローでも
コツコツ練習を積み重ねた結果、
世界1の安打数を記録した偉人となったわけです。


コツコツ積み重ねる。


今日も頑張っていきましょう。
では。

2017年8月3日木曜日

失敗というのは転ぶことではなく何もしないこと!


失敗を極度に嫌う人がいます。

失敗するくらいなら初めから挑戦しない
という選択をするほど。


どうしてそこまで失敗を恐れてしまうのか。
失敗したら自分の価値がなくなると
潜在的に怖れているからでしょう。


------------------------------------

もし間違いを犯しても、
それが深刻なものであったとしても、
いつも別のチャンスがある。

失敗というものは、転ぶことではない。
そのまましゃがみこんだままでいることである。

メアリー・ピックフォード 

-------------------------------------


私が好きな言葉です。


失敗を恐れる原因として、
自分の価値観すら崩れてしまうことへの恐れがある。


その恐れはどこから生まれているのか。


たいていは幼少期です。


しかし、今もそのことを引きずって
しゃがみこんでいて良いのか?
一生そのまましゃがんだままで人生が過ぎていくのを
待っているのか。


それことが真の失敗です。
行動しないで無為に時間が流れてしまう方が、
何かにチャレンジして失敗するより、
よっぽど人生を無駄にしているものです。


人生は間違ってもいい。


恐れから行動しない生き方だけは
しないように、いつまでも若く
チャレンジしていきたいものですね。


2017年8月2日水曜日

仕事で悩んでいるとき自分を奮い立たせてくれる言葉

働いている人であれば、
仕事で悩むことが多いはず。


私も仕事で悩むことは多いです。


また、自分の会社を継続させるために
不安も多いもの。


でも、そんな漠然とした不安を
消し去ってくれるのが
私が大切にしているこの言葉です。


---------------------------------
成功したければ、
今自分が取り組んでいるテーマについて
研究と献身を重ね、
世の誰よりも精通しなさい。

ベンジャミン・ディズレーリ
--------------------------------


ただ不安がっていても
状況は何も変わらない。


大切なことは
自分がその分野で
頭一つ抜き出ていればいいわけです。


頭一つとびぬけている人を
世の中が放っておくわけがない。


仕事のことで悩んでいるなら
自分を磨く。


前向きにさせてくれる言葉でした。


2017年8月1日火曜日

すでにあなたは幸せで感謝する環境にいる

持っていない物の事を気にしていると、
持っているものを無駄にしてしまいます


誰の言葉かは忘れました。
でも、同じような言葉をたくさん知っています。


この種の言葉が私にとって大切だと思うのは、
ついつい自分の理想ばかりを追い求めて、
苦しくなることが多い気がしたからです。


本当は自分は恵まれていて、
もうすでに感謝すべき環境にいる。


そのことに目もくれることなく、
上へ上へ、もっともっとと
顔をあげて歩き続けている。


本当は足元にある花だって素敵なものなのに。


だから、
自分を中和させるためにも
このような言葉を忘れないようにしています。


理想を求めることは
人間が進歩する上で大切なこと。


でも、今にもたくさん感謝できる要素がある。
そのことを忘れずに生きていけたら
幸せなのかなと思います。

2017年7月26日水曜日

儲けを考えないからこそ儲ける



-------------------------------------------
儲からないことに自分のエネルギーを注ぐことで、
多くの人から信用され、
その信用がまた自分を大きく成長させてくれる

桜井章一
--------------------------------------------

桜井章一さん。
雀鬼と呼ばれ、賭けマージャンで無敗の伝説をもつ人です。


仕事をする上で、
この桜井さんの言葉は私の中で
大切な指針です。


小さいながらも
会社を経営していて、
維持するためには
儲けがなければなりません。


でも、意識的に儲けというものを
考えないようにしています。


もちろん従業員がいて
その人たちの生活もかかっているので
どんぶり勘定ではいけませんが、
儲けが主になっては判断を誤ると信じています。


何のために今の仕事をしているのか。
という本質を忘れずに、
本質を高めることに力を注ぐことで
自然と信用は高まる。


信用が高まれば、
自然と社会に必要とされ、
資本主義社会だから儲けにつながる。


儲けはあくまで付随するものであって、
主ではないということを
しっかりとらえておかないと、
会社が間違った方向に進んでしまうと考えています。


大切なことは
自分が何を成し遂げたいのか。

そのことを意識しながら
今日も頑張っていきましょう!
では。